不動産会社と「収益のための防災対策」一覧

「2018年7月豪雨災害」における岡山県の事例

岡山県では、2018年(平成30年)7月豪雨災害により住居が全壊等の被害を受け、民間賃貸住宅を借り上げて無償で提供する事業を実施しています。

記事を読む

不動産会社が災害前・災害時にできること

首都直下型地震の住宅被災状況試算から考えると、不動産会は社被災した方に住宅を提供できる存在であることがわかってきます。このように不動産会社が災害前・災害時にできることについて佐藤慶一専修大学准教授にお話を伺いました。

記事を読む

安全配慮義務から考える事業継続マネジメント

「安全配慮義務」に着目し、その観点から事業継続マネジメントの進め方を考えます。常に大災害に見舞われる可能性のある日本の企業においては、大切になってくる取り組みであるといえるでしょう。

記事を読む

東京さすけなぶる・避難所対応講座

日本大震災の避難所で実際に起きた様々な事例を基に対応を学ぶ、ワークショップ型の新しい避難所教育ツール「さすけなぶる」を、東京で首都直下地震が発生した場合に想定をアレンジした「東京さすけなぶる」として体験頂きます。

記事を読む

今、不動産会社が知っておくべき「みなし仮設制度」

災害時に空き家を活用して被災者の住宅にあてる「みなし仮設制度」。<br> 不動産会社の収益にもなるこの制度を、平時の今、理解しておきましょう。

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク