不動産ライター 大槻 一敬Kazutaka Otsuki

不動産ライター 大槻 一敬

不動産ライター 大槻 一敬

  1. Profile
  2. Contact
  3. Contents

Profile

1978年神奈川県生まれ。学習院大学文学部史学科卒業。
出版社における雑誌編集・ライター、税理士法人における経営者向け情報媒体の編集・ライター、不動産仲介会社コンサルティング会社にて不動産仲介会社の集客、広報ツールや営業マニュアル等の制作、不動産投資関係情報誌編集長を経て現在フリー編者者・ライター。
不動産業界向けコンテンツ制作、不動産系資格試験団体運営等を行う。

Contents

インスペクションに関するお客様への説明内容のポイント

お客様が安心して物件を購入するためにメリットが高いインスペクションは、経験豊富で第三者的立場のインスペクターを選び、「契約する前のタイミング」で実施することが重要です。

記事を読む

不動産会社にとってインスペクションの説明義務化とは

2018年4月1日、インスペクションに関する説明義務化が施行されます。不動産会社はインスペクションを依頼される、またこれに対する問い合わせを受けることも多くなるため、早い段階でインスペクションの専門家とつながっておくことが理想的であると考えられます。

記事を読む

1年を通して民泊を運用したいオーナーへ 旅館業許可申請のポイント

民泊新法や民泊条例では民泊稼働日数の上限を定めていますが、1年を通して民泊運用をしたいオーナーが選択する手法として、旅館業許可を申請するポイントをご紹介します。

記事を読む

「入居者の家賃滞納」や「更新書類の回収率低下」をSMSメール(ショートメール)の活用で解決するポイント

大きな悩みの一つ、「家賃の滞納」「更新手続きの滞り」には、SMSメール(ショートメール)を活用することで親密なメッセージを確実に、互いのストレスなく伝えることができ、更に、時間や手間などを軽減できます。

記事を読む

仲介の重要課題、内覧客の「再来店対策」における SMSメール(ショートメール)活用のポイント

仲介の重要課題である内覧客の「再来店対策」には、SMSメール(ショートメール)を活用することで親密なメッセージを確実に、互いのストレスなく伝えることができ、更に、時間や手間などを軽減できます。

記事を読む

不動産会社が活用できるSMSメール一斉送信システム

fonfun SMS のSMSメール(ショートメール)なら電話番号だけで顧客と96%つながるため、不動産会社の家賃督促や更新書類回収の悩み、再来店対策などの時間と手間を軽減できます。

記事を読む

不動産会社が災害前・災害時にできること

首都直下型地震の住宅被災状況試算から考えると、不動産会は社被災した方に住宅を提供できる存在であることがわかってきます。このように不動産会社が災害前・災害時にできることについて佐藤慶一専修大学准教授にお話を伺いました。

記事を読む

「民泊実務スキルアップセミナー」開催報告

一般社団法人日本民泊適正推進機構は、民泊新法の施行を背景とした「民泊実務スキルアップセミナーを3日間に渡り開催しました。開催レポートを紹介すると共に、参加の皆さまへのアンケートから分かった、「今、民泊ビジネスで特に知りたい内容」も最後にご紹介します。

記事を読む

不動産オーナーがサブリース事業者を選ぶ際に注目するポイントとは

不動産オーナーがサブリース事業者を選ぶ際に注目するポイントとは<br> サブリース契約を検討しているオーナーが注目する事業者選びのポイントを紹介します。

記事を読む

当日申し込みに至らなかった賃貸内覧客をSMSで再来店につなげる

せっかく営業マンが案内をしたのに、申し込みにつながらない…。<br> 労力を無駄にしないための再来店に向けたアプローチをSMSメール(ショートメール)が可能にします。

記事を読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする