不動産会社と小売電気


不動産会社と小売電気とは

2016年4月から実施されている「電力小売りの全面自由化」により、一般の消費者だけはなく、賃貸マンションやアパートの入居者も、一部の例外を除いて「自分が契約する電気を自由に選べる」ようになりました。

これに伴い、不動産会社は「小売電気の契約形態」や「お客様にとっての影響」を理解しておくと共に、「お客様に対する啓蒙」や「契約書に小売電気自由化に関連する項目を入れる」などの対策を立てておかなければ、業務上の不都合が発生してしまう可能性があります。

小売電気自由化の対策として、地域中小規模不動産会社がしておくべきことを紹介します。