当日申し込みに至らなかった賃貸内覧客をSMSで再来店につなげるためには

せっかく営業マンが案内をしたのに、申し込みにつながらない…。


このような課題を持つ不動産会社のために、「当日申し込みに至らなかった賃貸内覧客をSMSで再来店につなげる」にて「再来店対策」を紹介しています。

当日申し込みに至らなかった賃貸内覧客をSMSで再来店につなげる
せっかく営業マンが案内をしたのに、申し込みにつながらない…。
労力を無駄にしないための再来店に向けたアプローチをSMSメール(ショートメール)が可能にします。

賃貸仲介の大きな課題、「内覧しても当日申し込みにならない」

賃貸仲介の欠かせない営業フェーズとして、「内覧」があります。不動産会社としては、内覧した方からその当日、スムーズに申し込み・契約をとりたいところですが、全てのケースでこれがうまくいくとは限りません。そしてそれには、次の理由が考えられることでしょう。

  • 複数の不動産会社をまわり、部屋を吟味している
  • その場での決断を躊躇してしまっている
  • せっかく内覧をしたが、物件が気に入らなかった

ここで不動産会社としてすべきことは、「内覧客に再度店舗に来てもらうこと」であり、「再来店対策」ということになります。

賃貸内覧客の「再来店対策」のポイント

「もう一度、案内してくれた不動産会社に行って別の物件を紹介してもらおう」「この前見た物件、申し込みをしなかったけれど、やはり気になる」…このように思ってもらい、再度店舗に来てもらうための取り組みのポイントは、次になります。

  • 内覧客の印象に残っている間に、本日見た物件の情報を今一度見てもらう
  • 今回の物件以外にも、おすすめ物件があることを伝える
  • 本日、店舗に来てくれたお礼を伝える
  • また、是非店舗に来ていただきたい気持ちを伝える

このポイントをおさえた「再来店対策」については下記ページをご確認ください。

当日申し込みに至らなかった賃貸内覧客をSMSで再来店につなげる
せっかく営業マンが案内をしたのに、申し込みにつながらない…。
労力を無駄にしないための再来店に向けたアプローチをSMSメール(ショートメール)が可能にします。